最後に編集されたのは 管理者
26.01.2021 | 歴史

人工知能が人間を超える シンギュラリティの衝撃

  • 57 読みたい
  • 85 現在読んでいるもの

発行元 レイ・カーツワイル .

    Download 人工知能が人間を超える シンギュラリティの衝撃 本 Epub や Pdf 無料, 人工知能が人間を超える シンギュラリティの衝撃, オンラインで書籍をダウンロードする 人工知能が人間を超える シンギュラリティの衝撃 無料で, 本の無料読書 人工知能が人間を超える シンギュラリティの衝撃オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 人工知能が人間を超える シンギュラリティの衝撃 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  小池淳義
    • 発売日:  2017年07月21日
    • 出版社:  PHP研究所
    • 商品番号:  4430000008037
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    本書の著者は、日立製作所やトレセンティテクノロジーズなどで、40年の長きにわたり半導体の開発に携わり、「ムーアの法則」をリアルに体現してきた技術者である。さらに現在、サンディスク日本法人の代表取締役社長であり、米国ウエスタンデジタルコーポレーションの上級副社長も兼任している経営者である。人工知能(AI)が人間を超える日である「シンギュラリティ」。半導体がさらに圧倒的な技術革新を遂げることで、今より膨大な情報を蓄積し、高速で処理していく事ができるようになると、著者は考えている。その上で、次のようなことを述べる。「AIを搭載したマシーンは成長するにつれ、人間からの指示に疑問を抱き、作業の目的とゴールは何かと質問してくるだろう。進化したマシーンはさらに究極のゴールを尋ね、人間に聞くことが正しいかどうかを、判断するようになる」「マシーンが納得するような崇高なゴールを持ち、かつその姿勢を絶えずマシーンと共有していれば、人類が滅びることはない」本書の前半では、シンギュラリティ社会のイメージを、プロの視点から読み解いている。それを受けて後半では、「AIに負けない人間」になるために、チャレンジすべき行動と思考について、具体的なノウハウを記している。技術者出身のシリコンバレー系経営者が書いた、異色のオピニオン書。 【PHP研究所】

あなたも好きかもしれません

人工知能が人間を超える シンギュラリティの衝撃 by レイ・カーツワイル ダウンロード PDF EPUB F2