最後に編集されたのは 管理者
10.01.2021 | 歴史

フィンランド流「伝える力」が身につく本 (中経出版)

  • 25 読みたい
  • 84 現在読んでいるもの

発行元 モニカ・ルーッコネン .

    Download フィンランド流「伝える力」が身につく本 (中経出版) 本 Epub や Pdf 無料, フィンランド流「伝える力」が身につく本 (中経出版), オンラインで書籍をダウンロードする フィンランド流「伝える力」が身につく本 (中経出版) 無料で, 本の無料読書 フィンランド流「伝える力」が身につく本 (中経出版)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 フィンランド流「伝える力」が身につく本 (中経出版) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  北川 達夫
    • レーベル:  中経出版
    • シリーズ名:  フィンランド流「伝える力」が身につく本
    • 発売日:  2013年02月13日
    • 出版社:  KADOKAWA
    • 商品番号:  4330011672000
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    本書の目的は、日本のみならず、世界に通用する「グローバル社会のコミュニケーション術」を身につけることです。著者は、フィンランド、エストニアなどの北欧諸国で外交官を務めた北川氏。日本的な「話せばわかる!」「言わなくてもわかってくれる」という価値観の全く通用しない世界で20年近く生きてきました。「相手のことはわからない。だから話すしかない」 「自分の言うことをわかってほしい!」 「あの人のことはわからない!」とさじを投げない。 「知識・経験・価値観の異なる相手とコミュニケーションをとるためにどうすればいいのか」を考え続けた結果、著者の導き出した結論が「話せばわかるではなく、わからないから話す」です。現代は多様化の時代だと言われています。人々の知識や経験、価値観は多様化し、日本人同士でも「わかりあう」ことは難しくなってきています。「話さなくてもわかってくれる!」はもはや過去の遺物です。本書で紹介するグローバル・コミュニケーション術こそ、これからの時代の新基準になるでしょう。

あなたも好きかもしれません

フィンランド流「伝える力」が身につく本 (中経出版) by モニカ・ルーッコネン ダウンロード PDF EPUB F2