最後に編集されたのは 管理者
17.11.2020 | 歴史

児童虐待から考える 社会は家族に何を強いてきたか (朝日新書)

  • 48 読みたい
  • 53 現在読んでいるもの

発行元 大久保真紀 .

    Download 児童虐待から考える 社会は家族に何を強いてきたか (朝日新書) 本 Epub や Pdf 無料, 児童虐待から考える 社会は家族に何を強いてきたか (朝日新書), オンラインで書籍をダウンロードする 児童虐待から考える 社会は家族に何を強いてきたか (朝日新書) 無料で, 本の無料読書 児童虐待から考える 社会は家族に何を強いてきたか (朝日新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 児童虐待から考える 社会は家族に何を強いてきたか (朝日新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  杉山春
    • レーベル:  朝日新書
    • シリーズ名:  児童虐待から考える 社会は家族に何を強いてきたか
    • 発売日:  2017年12月22日
    • 出版社:  朝日新聞出版
    • 商品番号:  4914869420001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    年間10万件を突破し、今なお児童虐待は増え続けている。困窮の中で孤立した家族が営む、救いのない生活。そこで失われていく幼い命を、なぜ私たちの社会は救うことができないのか? 日本社会の家族規範の変容を追いながら、悲劇を防ぐ手だてを模索する。

あなたも好きかもしれません

児童虐待から考える 社会は家族に何を強いてきたか (朝日新書) by 大久保真紀 ダウンロード PDF EPUB F2