最後に編集されたのは 管理者
25.11.2020 | 歴史

ぼくがアメリカ人をやめたワケ (集英社インターナショナル)

  • 32 読みたい
  • 31 現在読んでいるもの

発行元 ロジャー・パルバース .

    Download ぼくがアメリカ人をやめたワケ (集英社インターナショナル) 本 Epub や Pdf 無料, ぼくがアメリカ人をやめたワケ (集英社インターナショナル), オンラインで書籍をダウンロードする ぼくがアメリカ人をやめたワケ (集英社インターナショナル) 無料で, 本の無料読書 ぼくがアメリカ人をやめたワケ (集英社インターナショナル)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 ぼくがアメリカ人をやめたワケ (集英社インターナショナル) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  ロジャー・パルバース
    • 訳者:  大沢章子
    • レーベル:  集英社インターナショナル
    • シリーズ名:  ぼくがアメリカ人をやめたワケ
    • 発売日:  2021年01月29日
    • 出版社:  集英社
    • 商品番号:  4820000143134
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    青年は「世界最高にして最強の故郷アメリカ」をなぜ捨てたのか? ロシア語を学びソ連、東欧を経て、日本に辿りつき、ついには国籍を捨てオーストラリア人になった作家の回顧録・エッセイ。ホロコーストから逃げ延びたユダヤ人を祖先にもつ自分のルーツ、ケネディ時代からトランプに至るアメリカの真実、白豪主義の色濃く残った70年代から現代にいたるオーストラリアとオーストラリア人、1960年代から現在まで、50年にわたる日本と日本人の姿などをテーマに、宮沢賢治、石川啄木への熱い情熱、そして、井上ひさし、アンジェイ・ワイダ、大島渚、坂本龍一らとのエピソードを交えながらダイナミックに描いていく。

あなたも好きかもしれません

ぼくがアメリカ人をやめたワケ (集英社インターナショナル) by ロジャー・パルバース ダウンロード PDF EPUB F2