最後に編集されたのは 管理者
16.11.2020 | 歴史

FKB怪談実話 屍 怪談実話シリーズ (竹書房文庫)

  • 62 読みたい
  • 38 現在読んでいるもの

発行元 黒木あるじ .

    Download FKB怪談実話 屍 怪談実話シリーズ (竹書房文庫) 本 Epub や Pdf 無料, FKB怪談実話 屍 怪談実話シリーズ (竹書房文庫), オンラインで書籍をダウンロードする FKB怪談実話 屍 怪談実話シリーズ (竹書房文庫) 無料で, 本の無料読書 FKB怪談実話 屍 怪談実話シリーズ (竹書房文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 FKB怪談実話 屍 怪談実話シリーズ (竹書房文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  黒木あるじ
    • レーベル:  竹書房文庫
    • シリーズ名:  怪談実話シリーズ
    • 発売日:  2017年08月18日
    • 出版社:  竹書房
    • 商品番号:  4914530150001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    黒木あるじの怪談実話シリーズ第6弾! 怪異がこちらを包囲し、にじり寄っている気配を感じるーー周囲で大小さまざまな怪異が頻発しているという著者のもとに、さらに死体や遺骸にまつわる話も増えてきた……。

    恨まれたら化けて出るのか…知りたくて人を殺めた男の本当の恐怖「殺人」、祭が終わり、様子がおかしくなった子供に何が起きたのか「鬼祭」、連鎖するように集まった写真に纏わる怪異「捨真」「朝写」「念写」、遺産のことで母親の葬儀の最中もいがみ合う兄妹が見た母の怒り「軋怪」など39話。

    寄ってくる怪異は黒木を中心とした恐怖の大渦となり、読者をも巻き込んでいく。誰も救われる道はない。※本コンテンツは単行本「FKB怪談実話 屍」に収録の『写霊』と同一です。

あなたも好きかもしれません

FKB怪談実話 屍【分冊版】『写霊』 (竹書房文庫) by 黒木あるじ ダウンロード PDF EPUB F2