最後に編集されたのは 管理者
14.11.2020 | 歴史

ひとりで生きるということ (角川SSC新書)

  • 71 読みたい
  • 44 現在読んでいるもの

発行元 マルクス・ガブリエル .

    Download ひとりで生きるということ (角川SSC新書) 本 Epub や Pdf 無料, ひとりで生きるということ (角川SSC新書), オンラインで書籍をダウンロードする ひとりで生きるということ (角川SSC新書) 無料で, 本の無料読書 ひとりで生きるということ (角川SSC新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 ひとりで生きるということ (角川SSC新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  アルボムッレ・スマナサーラ
    • レーベル:  角川SSC新書
    • 発売日:  2013年03月21日
    • 出版社:  KADOKAWA
    • 商品番号:  4330205260030
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    人は自由でいたいと思っても、一人では生きてはいけません。命は個の存在ですが、人はつながって生きていて、組織・共同体をつくります。しかし、つながりの社会の中で自由な生き方や言論を求めすぎると、強烈なエゴが吹き出します。他人に管理されるのは大嫌いなのに、自分は他人を管理したくてウズウズしているのです。どうすれば、つながりの社会の中で個人が心の自由を獲得でき、安らかに生きていけるのか。ひとりで生きていくこととはどういうことなのか。スリランカ上座仏教(テーラワーダ仏教)の長老が、最古の経典『スッタニパータ』の第一章「犀角経」の言葉などから、ブッダの教えを伝えます。

あなたも好きかもしれません

ひとりで生きるということ (角川SSC新書) by マルクス・ガブリエル ダウンロード PDF EPUB F2

エゴについて気になっていたので購入しました。最初はなんだか読み進めるたびに気持ち悪くなる…もうこの人の本は無理かも…と思いながらできるだけ頑張って読んでいたのですが…ところどころ読み…吐き気と闘いながら…
最後にそうかーこれかーとスッキリ(^^)私には最後の方法がすごく効きました。