最後に編集されたのは 管理者
15.11.2020 | 歴史

移民 難民 ドイツ・ヨーロッパの現実2011-2019 世界一安全で親切な国日本がEUの轍を踏まないために

  • 42 読みたい
  • 17 現在読んでいるもの

発行元 呉善花 .

    Download 移民 難民 ドイツ・ヨーロッパの現実2011-2019 世界一安全で親切な国日本がEUの轍を踏まないために 本 Epub や Pdf 無料, 移民 難民 ドイツ・ヨーロッパの現実2011-2019 世界一安全で親切な国日本がEUの轍を踏まないために, オンラインで書籍をダウンロードする 移民 難民 ドイツ・ヨーロッパの現実2011-2019 世界一安全で親切な国日本がEUの轍を踏まないために 無料で, 本の無料読書 移民 難民 ドイツ・ヨーロッパの現実2011-2019 世界一安全で親切な国日本がEUの轍を踏まないためにオンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 移民 難民 ドイツ・ヨーロッパの現実2011-2019 世界一安全で親切な国日本がEUの轍を踏まないために 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  川口マーン惠美
    • 発売日:  2019年11月13日
    • 出版社:  グッドブックス
    • 商品番号:  4920341000003
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    移民受け入れ政策の始動

    半島危機も現実味の日本


    これは日本の近未来か!?


    ◎「人道」に酔ったドイツ人、EUを大混乱に陥れる!

    ◎1年に89万人の難民が押し寄せ、ドイツ国民の不安は頂点に

    ◎犯罪組織による不法入国斡旋ビジネスの登場

    ◎警察も入りたがらないno go areaの出現

    ◎一度来た難民は帰らず、やがて移民となる

    ◎日本の労働力不足で移民受け入れは待ったなし

    ◎調和した受け入れができる国があるとすれば日本ではないか


    日本は、今こそが正念場だ。

    グローバリズムの荒波をどうにか乗り越えていくには、皆が状況の深刻さを理解しなければならない。

    難民・移民は、今後、重要なキーワードになり、日本にメリットとデメリットをもたらすだろう。

    デメリットのほうが勝ってしまわないよう、皆で意見を出し合わなければならない。

    本書がそのためのフォーラムの形成に役立つことができればと、私は淡い期待を抱いている。

    ──本文より

あなたも好きかもしれません

移民 難民 ドイツ・ヨーロッパの現実2011-2019 世界一安全で親切な国日本がEUの轍を踏まないために by 呉善花 ダウンロード PDF EPUB F2