最後に編集されたのは 管理者
19.12.2020 | 歴史

ぼくは会社員という生き方に絶望はしていない。ただ、今の職場にずっと……と考えると胃に穴があきそうになる。

  • 1 読みたい
  • 90 現在読んでいるもの

発行元 角田 陽一郎 .

    Download ぼくは会社員という生き方に絶望はしていない。ただ、今の職場にずっと……と考えると胃に穴があきそうになる。 本 Epub や Pdf 無料, ぼくは会社員という生き方に絶望はしていない。ただ、今の職場にずっと……と考えると胃に穴があきそうになる。, オンラインで書籍をダウンロードする ぼくは会社員という生き方に絶望はしていない。ただ、今の職場にずっと……と考えると胃に穴があきそうになる。 無料で, 本の無料読書 ぼくは会社員という生き方に絶望はしていない。ただ、今の職場にずっと……と考えると胃に穴があきそうになる。オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 ぼくは会社員という生き方に絶望はしていない。ただ、今の職場にずっと……と考えると胃に穴があきそうになる。 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  フミコフミオ
    • 発売日:  2019年09月27日
    • 出版社:  KADOKAWA
    • 商品番号:  4338671700300
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    笑いあり、涙あり、学びあり、感動ありの新感覚本!すべての会社員の気持ちを代弁してくれると鬼共感の嵐で超話題!現代における「生きづらさの正体」に迫る!天才が生きるうえで何を感じ、考えているのか、天才による世界の見方を僕は知らない。だが、その代わりに、普通の人間が普通に生きているうえで感じる納得いかないこと、もどかしさなら僕はイヤになるほど知っている。それをやり過ごしてきたという自負もある。本書は僕がこれまでに直面した納得のいかないことムカつくこと釈然としないことに対してどのように負けない戦いをしてきたか、やり過ごしてきたかをそのまま真空パックしたものだ。ーー本文より人の気持ちがわからないと嘆いているあなたには、わからないまま受け入れるような人間になってもらいたい。世の中にはたくさんの人がいて、それぞれがまったく異なる考え方や思い方をしている。そしてまったく異なる人たちが、それぞれわからないままお互いを受け入れていくような世の中が本当の美しい世界だと僕は思う。正しいとか間違っているとかではなく、違いを違いのまま認めること。人の気持ちがわかるとは、そういうことだと僕は考えている。

あなたも好きかもしれません

ぼくは会社員という生き方に絶望はしていない。ただ、今の職場にずっと……と考えると胃に穴があきそうになる。 by 角田 陽一郎 ダウンロード PDF EPUB F2