最後に編集されたのは 管理者
14.11.2020 | 歴史

ひとり空間の都市論 (ちくま新書)

  • 37 読みたい
  • 17 現在読んでいるもの

発行元 山下祐介 .

    Download ひとり空間の都市論 (ちくま新書) 本 Epub や Pdf 無料, ひとり空間の都市論 (ちくま新書), オンラインで書籍をダウンロードする ひとり空間の都市論 (ちくま新書) 無料で, 本の無料読書 ひとり空間の都市論 (ちくま新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 ひとり空間の都市論 (ちくま新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  南後由和
    • レーベル:  ちくま新書
    • 発売日:  2018年03月30日
    • 出版社:  筑摩書房
    • 商品番号:  5591216763860
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    同調圧力が強い日本社会における「ひとり」。彼らが異質な存在としてみなされる一方で、現実の日本の都市には、カプセルホテル、ひとりカラオケ、ひとり焼肉店など、ひとり客向けの商業施設が溢れかえっている。そもそも孤独と自由が背中合わせの都市生活では、「ひとり」でいることこそ、歴史的にも“正常”だったはずだ。今日ではさらに、「ひとり」が存在する空間は、モバイル・メディアの普及を受けて増殖し、新しい形態へと進化を遂げつつある。その新しい特性とは何か。「みんな・絆・コミュニティ」へと世論が傾くいま、ひとり空間の現況と可能性を、いまいちど問い直す。

あなたも好きかもしれません

ひとり空間の都市論 (ちくま新書) by 山下祐介 ダウンロード PDF EPUB F2