最後に編集されたのは 管理者
16.11.2020 | 歴史

マネジメントの文明史 ピラミッド建設からGAFAまで (日本経済新聞出版)

  • 59 読みたい
  • 51 現在読んでいるもの

発行元 ハンス・ロスリング .

    Download マネジメントの文明史 ピラミッド建設からGAFAまで (日本経済新聞出版) 本 Epub や Pdf 無料, マネジメントの文明史 ピラミッド建設からGAFAまで (日本経済新聞出版), オンラインで書籍をダウンロードする マネジメントの文明史 ピラミッド建設からGAFAまで (日本経済新聞出版) 無料で, 本の無料読書 マネジメントの文明史 ピラミッド建設からGAFAまで (日本経済新聞出版)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 マネジメントの文明史 ピラミッド建設からGAFAまで (日本経済新聞出版) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  武藤泰明
    • レーベル:  日本経済新聞出版
    • 発売日:  2020年10月27日
    • 出版社:  日経BP
    • 商品番号:  4660005932359
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    本書は古代エジプトの「第I部:会社以前」から「第II部:大航海時代と会社の誕生」「第III部:英国ーー産業革命の成立・発展・衰退」「第IV部:ドイツーー大企業と重工業の誕生」「第V部:米国ーーマネジメントと経営者の創出」そして現代の「第VI部:個人によるイノベーションと非営利組織の時代」という順番で進んでいきます。


    第I部では古代エジプトのピラミッド建設から説き起こし、アテネやスパルタといった都市国家群、ハンザ同盟、十字軍を経てルネサンス期の商業都市ヴェネツィアに到着します。


    第II部はなぜか2012年のロンドン五輪のエピソードから始まります。コロンブス、マゼラン、東インド会社を経て会社の誕生の軌跡を追い、辺鄙な英国がインドに植民地を築いた謎を解き明かします。


    第III部の舞台は英国。なぜこの地で産業革命が成立したのか、成功したはずなのにドイツやアメリカと違って後世に生き残った会社はなぜないのかを解説します。英国は金融に向かっていったのですが、それは植民地と大きく関係しています。 第IV部では、そんなイギリスを凌駕し大企業と重工業を生み出したドイツに迫ります。同族企業が多く、本社は分散し、多くの巨大科学工業の発祥は染料工場であるなど意外な素顔が明らかになります。


    第V部の舞台は米国です。主役はフォード、デュポン、GMなど今でも有名な企業です。意外なことに米国企業はイノベーションに強い訳ではなく、共通性部品、事業部制、フランチャイズ制などの知恵で大きくなっていったことが明らかになります。第VI部は現代です。米国大企業の黄昏と非営利組織の時代の到来を描きます。

あなたも好きかもしれません

マネジメントの文明史 ピラミッド建設からGAFAまで (日本経済新聞出版) by ハンス・ロスリング ダウンロード PDF EPUB F2