最後に編集されたのは 管理者
21.11.2020 | 歴史

セックスする脳! 知られざる究極の欲望と男女をつなぐ興奮のメカニズム (クラップ・まとめ文庫)

  • 30 読みたい
  • 8 現在読んでいるもの

発行元 岩崎 るりは .

    Download セックスする脳! 知られざる究極の欲望と男女をつなぐ興奮のメカニズム (クラップ・まとめ文庫) 本 Epub や Pdf 無料, セックスする脳! 知られざる究極の欲望と男女をつなぐ興奮のメカニズム (クラップ・まとめ文庫), オンラインで書籍をダウンロードする セックスする脳! 知られざる究極の欲望と男女をつなぐ興奮のメカニズム (クラップ・まとめ文庫) 無料で, 本の無料読書 セックスする脳! 知られざる究極の欲望と男女をつなぐ興奮のメカニズム (クラップ・まとめ文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 セックスする脳! 知られざる究極の欲望と男女をつなぐ興奮のメカニズム (クラップ・まとめ文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  二松まゆみ, 米山公啓
    • レーベル:  クラップ・まとめ文庫
    • 発売日:  2013年07月11日
    • 出版社:  CLAP
    • 商品番号:  4928700000014
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    「胸キュン」の正体は?恋愛はどうして楽しいのか?

    恋は盲目になる科学的根拠から、タッチングの極意まで。

    男女の脳の権威である医学博士・米山公啓と、男女仲の専門家・二松まゆみが男女の謎に迫る!


    〈内容の抜粋〉

    ◆草食系増加の原因はヒトが増えすぎたから?

    ◆においが記憶を呼び覚ます

    ◆恋愛する脳

    ◆恋のホルモンPEA

    ◆「好みのタイプ」は遺伝子の癖

    ◆一目惚れはだいたい正しい

    ◆恋は作れるか?

    ◆「慣れ」という運命

    ◆脳はなまけ者

    ◆えっ、フェロモンは存在しない!?

    ◆「続き」という戦略

    ◆「意外性」というスパイス

    ◆愛されている実感が女を美しくする

    ◆女性もある程度の経験は必要

    ◆男は、女の部屋で何をする?

    ◆証拠を残す夫、暴走する妻

    ◆純愛は不可能だからこそ尊い

    ◆男と女の終着点

    ◆違っているからおもしろい

    ◆進化する男脳と女脳


    〈著者略歴〉

    ■米山公啓(よねやま・きみひろ)

    作家、医師(医学博士)。1952年、山梨県生まれ。聖マリアンナ大学医学部卒。 聖マリアンナ医科大学第2内科助教授を経て、1998年より本格的な執筆活動を開始。 東京都あきる野市にある米山医院で診療をつづけながら、260を超える書籍を執筆。 講演会、テレビ、ラジオなど広範囲で活躍している。

    著書には、『脳が若返る30の方法』『もの忘れを90%防ぐ法』『親を長生きさせる31のこと』などがある。

    AppStoreの電子書籍アプリ『時間術の盲点』は、リリース後4日で有料ブックランキング1位獲得するベストセラーとなった。また、『「願望」を現実化する脳法則』は、同じく有料ブックランキング2位を獲得。電子書籍アプリにおいては不動の人気を獲得している。


    ■二松まゆみ(ふたまつ・まゆみ)

    恋人・夫婦仲相談所所長。元主婦マーケティング会社経営。日本性科学会会員。ED診療ガイドライン作成委員。

    夫婦仲に悩む主婦会員1万2000名を集め、「ニッポンの夫婦仲・結婚」を真剣に考えるコミュニティを展開。「セックスレス」「理想の結婚」「ED」のテーマを幅広く考察。講演、マスコミ取材も多く、恋愛・夫婦仲コメンテーターとして活躍。

    著書『モンスターワイフ』(講談社)、『夫婦仲がよくなるちょっとした習慣』(中経出版)、『ニッポン男子の下半身が危機的なことに気づいたワタシ』(扶桑社)他多数。

    近著『きっかけさえつかめば3週間で人生が変わる』(光文社)。

あなたも好きかもしれません

セックスする脳! 知られざる究極の欲望と男女をつなぐ興奮のメカニズム (クラップ・まとめ文庫) by 岩崎 るりは ダウンロード PDF EPUB F2

全部で167ページのようですが、意外にボリュームがあったように感じました。何日にも分けて読んだからかもしれませんが。しかしこいうセックスに関する本を読んでていつも思うのが「需要と供給のバランスが(少なくとも日本では)全然取れてないんだな」です。セックスしたい夫。セックスしたくない妻。あるいはその逆。どこでどうすれ違ってしまってそうなってしまったのか。それを解消するのに夫婦間以外を求めるのはやっぱり犯罪ですか?夫婦お互いに努力するべきなのでしょうが、一方が努力を怠っていることが良くあるんではないかと思います。。。
会話形式で書いてあるため分かりづらいです。
安かったから仕方ないのかなぁと思ってます。
いつもおもしろいです。koboだから電車のなかのスマホ読みに最適です。