最後に編集されたのは 管理者
24.11.2020 | 歴史

リズム&ドラム・マガジン 2020年7月号

  • 99 読みたい
  • 12 現在読んでいるもの

発行元 たぱぞう .

    Download リズム&ドラム・マガジン 2020年7月号 本 Epub や Pdf 無料, リズム&ドラム・マガジン 2020年7月号, オンラインで書籍をダウンロードする リズム&ドラム・マガジン 2020年7月号 無料で, 本の無料読書 リズム&ドラム・マガジン 2020年7月号オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 リズム&ドラム・マガジン 2020年7月号 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 編集:  リズム&ドラム・マガジン編集部
    • 発売日:  2020年06月17日
    • 出版社:  リットーミュージック
    • 商品番号:  4690193030700
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    *印刷版に掲載されている「誌上ドラム・コンテスト2020」の応募券およびエントリー・シートは電子版には含まれておりません。あらかじめご了承ください。*印刷版に付属しているダウンロード・カード対応の動画は、電子版をご購入の方にもお楽しみいただけます。詳しくは「本誌の企画対応動画がスマホやパソコンで見られる!」のページをご覧ください。*この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。


    ■Cover Program

    100人のプロ・ドラマーが選んだ

    “今、最もライヴを見たい日本のドラマー”/“演奏力の高い日本のバンド”

    Drummer’s Drummer


    リニューアルしたドラマガの一発目となる本特集では、大型フェスに引っ張りだこのバンドマンから、幅広い現場で活躍するセッション・ミュージシャンまで、総勢100名のプロ・ドラマーに大アンケートを実施! 集客型ライヴの実施が難しい状況の今だからこそ、彼らが思う“最もライヴを観たい日本人ドラマー&演奏力が高いと思う国内バンド”をピックアップしてもらった。さらに、今回最も多く名前が挙がったドラマー(表紙を飾る!)からは、記念にコメントも到着。苦境を乗り越え、また彼らのライヴ・パフォーマンスを肌で感じられる日々に期待を込めて!


    ■Featured Drummer

    世界で最も遅い(?)ロジャーの大特集!

    ロジャー・テイラー[クイーン]


    フレディ・マーキュリーに焦点を当て、クイーンの軌跡を描いた映画『ボヘミアン・ラプソディ』がメガ・ヒットを記録し、その色褪せることのない楽曲/サウンドがあらためて脚光を浴びたクイーン。今年1~2月には待望の来日公演も行われ、待ちに待った日本のファンを熱狂へと導いたことも記憶に新しい。2018年の映画公開から現在に至るまで、さまざまなメディアでクイーンの特集が組まれてきたが、本誌ではあえて今、クイーン伝説を更新し続けるバンドの大黒柱=ロジャー・テイラーの大特集を敢行! おそらく世界で最も遅い特集となるが、40周年の節目に語ったロング・インタビューを軸に、ドラミング解説、国内外のトップ・プロが語るそのすごさなど、ロジャーのドラマーとしての魅力をさまざまな角度から徹底検証していく!


    ■特集 動画連動

    誌上ドラム・コンテスト2020 課題曲発表!

    BACK to the FUSION

    feat. 平 陸 & 川口千里

    動画に最終審査員=平&川口のスペシャル・デモ演奏を収録!


    新型コロナウイルスの世界的流行により、相次ぐ音楽イベントの中止や自粛生活で、ドラムを思いきり叩ける機会が減ってしまったというプレイヤーは多いはず。そんな世間を覆うネガティヴな空気やフラストレーションを吹き飛ばすべく、恒例の誌上ドラム・コンテストを今年も開催! リニューアル一発目のコンテストとなる今回は“原点”に立ち返り、フュージョンをテーマとしたインストゥルメンタルの課題曲で、プレイヤビリティ=演奏力を競っていただきます。最終審査員を務めるのは、本コンテスト入賞者で、現在プロとして活躍する平 陸と川口千里。動画には2人のスペシャル・デモ演奏を収録! コロナの逆境を覆すほどのエネルギー&テクニックを、思い思いのドラミングで存分に発揮してください。たくさんのご応募をお待ちしています!


    ■緊急特別企画 動画連動

    withコロナ時代を

    ドラマーはどう生き抜くのか

    feat.柏倉隆史[toe、the HIATUS]、松下マサナオ[Yasei Collective、GFJB]、BOBO

    動画にシェーン・ガラス、大坂昌彦、松下マサナオ、菅沼孝三が伝授する自宅ドラム・エクササイズを収録!!


    2019年末に出現し、瞬く間に世界中に拡散され、悪夢とも言えるパンデミックを引き起こした新型コロナウイルス(COVID-19)。その影響はドラムの世界にも広がり、演奏活動やドラム・レッスンは自粛が続き、緊急事態宣言が解かれ、その影響が落ち着いてきたと言える今も、新しい生活様式としてソーシャル・ディスタンスが求められ、厳しい状況が続いている。今後しばらく、“コロナと共に生きる=withコロナ”の時代となるが、その厳しい時代を生き抜くためにドラマーも新たな活動をスタートさせている。ここでは実際に動き出したドラマー達のインタビューをメインに、今後の主流となるであろうオンライン・レッスンのチュートリアル、プロ・ドラマーによる自宅エクササイズ(動画連動)などを紹介。今だからこそ読んでほしい記事となっています。


    ■close up!1

    PEARL e/MERGE


    長きに渡りドラム・シーンの第一線でアコースティック・ドラムを作り続けてきたパールが、KORGとタッグを組み、電子ドラム= e/MERGEを完成させた。心臓部であるモジュールには、同社のフラッグシップ・モデルをはじめとしたこだわりのサウンドを搭載。センサーはWAVEDRUMの機構を応用した構造で、幅広い表現力と素早いレスポンスを実現。さらにリアルな打感とサイズ感を備えたパッドが採用され、堅牢なハードウェアも含め、従来の電子ドラムとは異なる仕様となっている。このclose up!では、今夏、満を持して日本発売がスタートする、“ドラム・メーカーが作った電子ドラム=e/MERGE”の全容を徹底解剖していく。


    ■close up!2

    Roland V-Drumsが具現化する

    理想の“自宅ドラム環境”feat.VAD506


    世界中で“STAY HOME”が呼びかけられたことによって、自宅でドラムを楽しむスタイルがこれまで以上に注目を集めている。そこで大きな役割を果たすのがエレクトロニック・ドラム。本企画では、日々の練習からプロ・ドラマーの創作表現活動まで幅広く活用されているローランドV-Drumsにスポットを当て、そのさまざまな使用例を紹介していく。自宅だからこそ、そしてV-Drumsだからこそ可能な楽しみ方の数々を検証していく!


    ■人と楽器/還暦記念スペシャル 動画連動

    河村“カースケ”智康


    ドラマーの機材へのこだわりを掘り下げる人気連載企画=人と楽器。2011年のスペシャル版を最後に、休載となっていた本企画が季刊化に伴い完全復活! その記念すべき復帰第一弾でフィーチャーするのは、5月に還暦の節目を迎えた名手、河村“カースケ”智康。日本の“歌”を支え続けてきた氏の機材変遷を振り返ると共に、その愛器の数々を見ていこう! 還暦記念として、カースケが単独で初表紙を飾った2012年7月号の付録CD収録の、本人がドラム&ベースを演奏したリズム・トラックが、WEBサイトからダウン・ロードできます!


    ■追悼特集

    アフロ・ビートの創始者、逝く

    トニー・アレン


    アフリカ人解放運動家であり、アフリカ音楽の偉大な功労者、フェラ・クティと共にアフロ・ビートを創り上げたドラマー、トニー・アレン。独特な躍動感をもつビートは人々を魅了、創成から約半世紀を経た今でも、世界中のドラマーに影響を与え続けている。近年では、ブラーのデーモン・アルバーン、レッド・ホット・チリ・ペッパーズのフリーらと結成したバンド=ロケット・ジュース・アンド・ザ・ムーンでの活動や、テクノの重鎮ジェフ・ミルズとのコラボなど、常に新鮮で驚くような活動を続けていた矢先、2020年4月30日、惜しまれつつもこの世を去った。アフロ・ビートの創始者であると同時に、伝導者として世界に広めるために尽力したトニー・アレン。彼の死をしのぶと共に、その功績を讃え、偉業を振り返っていきたい。


    ■Interview

    ネイト・スミス

    アニカ・ニルス

    GODRi[SiM]


    ■連載《New》

    日本のスタジオ・シーンを創造したレジェンドたちに迫る新連載!

    “Studio Great” Vol.1 山木秀夫


    ■連載

    DM Debut

    藤田亮介[Cö shu Nie]

    Jackson[Ryu Matsuyama]

    RIKU[ACE COLLECTION]

    毛利匠太[PEDRO]


    ■連載コラムWeb連動《New》

    アプリで変わるドラム・ライフ

    Gadget for Drummers


    ■連載セミナーWeb連動《New》

    Ultimate Drum Technique?


    ■連載セミナー《New》

    ドラムにまつわる悩みを一緒に考える!

    BOBOオンライン


    ■NEW PRODUCTS Web連動

    YAMAHA Stage Custom Hip Drum Kit

    YAMAHA Steve Gadd Signature Snare Drum

    TAMA Superstar Classic NEO-MOD Drum Kit

    TAMA Club-JAM Flyer Drum Kit

    ISTANBULMEHMET New Cymbals

    -Tony Williams Tribute-/-Kirkor K Tribute-

    -Black Sea 1623-/-Legend Dry-/-Bossa Ride


    ■Drummers Disc Guide

あなたも好きかもしれません

リズム&ドラム・マガジン 2020年7月号 by たぱぞう ダウンロード PDF EPUB F2