最後に編集されたのは 管理者
16.11.2020 | 歴史

山は市場原理主義と闘っている―森を守る文明と壊す文明との対立

  • 62 読みたい
  • 12 現在読んでいるもの

発行元 奥村宏 .

    Download 山は市場原理主義と闘っている―森を守る文明と壊す文明との対立 本 Epub や Pdf 無料, 山は市場原理主義と闘っている―森を守る文明と壊す文明との対立, オンラインで書籍をダウンロードする 山は市場原理主義と闘っている―森を守る文明と壊す文明との対立 無料で, 本の無料読書 山は市場原理主義と闘っている―森を守る文明と壊す文明との対立オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 山は市場原理主義と闘っている―森を守る文明と壊す文明との対立 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  安田喜憲
    • 発売日:  2017年09月15日
    • 出版社:  東洋経済新報社
    • 商品番号:  4650615301001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    日本の山々がグローバル資本に狙われているー「山」「信仰」「食」の視点から東西文明を比較検証し、次代の共生モデルを提言。


    【主な内容】

    第1章 山は日本文明未来のキーワード


    第2章 人はなぜ山を崇拝するのか

     1 地球への祈りと日本人

     2 風土が人の心をつくる

     3 玉は山のシンボルだった

     4 山岳信仰から修験道へ


    第3章 山を征服する肉食文明・崇拝する魚食文明

     1 肉食文明と魚食文明を生んだ風土

     2 肉食文明は森を破壊した

     3 魚食文明は山を崇拝した


    第4章 山は新たな時代の到来を予告している

     1 漁撈民が育んだ山岳信仰

     2 何をどのように食べるかが生き残りの分かれ道

     3 命を輝かせる生命文明の時代の食


    第5章 ユダヤ・キリスト教も山で生まれた

     1 微笑みのイエスに会いたい

     2 イエスの年縞が見つかった

     3 キリスト教がローマ文明を衰亡させた


    第6章 山に祈る心が地球と人類を救う

     1 キリスト教原理主義の闇

     2 魔女を殺し自然を破壊する文明の闇からの離脱

     3 市場原理主義とキリスト教


    天地をつなぐ物語ーーあとがきにかえて

    参考文献

あなたも好きかもしれません

山は市場原理主義と闘っている 森を守る文明と壊す文明との対立 by 奥村宏 ダウンロード PDF EPUB F2