最後に編集されたのは 管理者
21.11.2020 | 歴史

悲しみの子どもたち ――罪と病を背負って (集英社新書)

  • 64 読みたい
  • 5 現在読んでいるもの

発行元 Benjamin Sadock .

    Download 悲しみの子どもたち ――罪と病を背負って (集英社新書) 本 Epub や Pdf 無料, 悲しみの子どもたち ――罪と病を背負って (集英社新書), オンラインで書籍をダウンロードする 悲しみの子どもたち ――罪と病を背負って (集英社新書) 無料で, 本の無料読書 悲しみの子どもたち ――罪と病を背負って (集英社新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 悲しみの子どもたち ――罪と病を背負って (集英社新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  岡田尊司
    • レーベル:  集英社新書
    • シリーズ名:  悲しみの子どもたち ーー罪と病を背負って
    • 発売日:  2016年06月17日
    • 出版社:  集英社
    • 商品番号:  4823798670001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    罪と病という二重の試練を背負った子どもたち。医療少年院で、精神科医として彼らと向かい合う著者が、多くのケースとの関わりを通して、異常な行動の根底にある問題に迫っていく。なぜ、彼らは自らを傷つけ、他人を害さねばならなかったのか。想像もつかない冷酷な犯罪を犯してしまったのか。損なわれた心は回復できるのか。人との絆は取り戻すことができるのか…。だが、そこに浮かび上がるのは、決して特別な子どもたちだけの問題ではないーー。圧倒的な事実の重みと、子どもたちの悲しみが胸をつく、臨床現場からの痛切なメッセージである。【目次】はじめに 社会を映す鏡としての医療少年院/第一章 回避空間の病理/第二章 親という名の十字架ーー愛情飢餓と命がけの自己アピール/第三章 劣等感に塗れて/第四章 運命を分けるものーー非行発現のメカニズム/第五章 社会が生み出す非行/第六章 壊れた心は取り戻せるのか?/第七章 本当の希望を取り戻すために/おわりに 明るい未来は明るい子ども時代がつくる/参考文献

あなたも好きかもしれません

悲しみの子どもたち ーー罪と病を背負って (集英社新書) by Benjamin Sadock ダウンロード PDF EPUB F2