最後に編集されたのは 管理者
14.11.2020 | 歴史

日露戦争と新聞 「世界の中の日本」をどう論じたか (講談社選書メチエ)

  • 70 読みたい
  • 11 現在読んでいるもの

発行元 片山慶隆 .

    Download 日露戦争と新聞 「世界の中の日本」をどう論じたか (講談社選書メチエ) 本 Epub や Pdf 無料, 日露戦争と新聞 「世界の中の日本」をどう論じたか (講談社選書メチエ), オンラインで書籍をダウンロードする 日露戦争と新聞 「世界の中の日本」をどう論じたか (講談社選書メチエ) 無料で, 本の無料読書 日露戦争と新聞 「世界の中の日本」をどう論じたか (講談社選書メチエ)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 日露戦争と新聞 「世界の中の日本」をどう論じたか (講談社選書メチエ) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  片山慶隆
    • レーベル:  講談社選書メチエ
    • シリーズ名:  日露戦争と新聞 「世界の中の日本」をどう論じたか
    • 発売日:  2015年07月24日
    • 出版社:  講談社
    • 商品番号:  4310000023780
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    日英同盟の是非、開戦論vs.非戦論、「露探」問題、日比谷焼打……新聞がいちばん面白かった時代。日露戦争の時代、新聞界は黄金期を迎えていた。福澤諭吉創刊の『時事新報』、陸羯南主筆『日本』といった高級紙から伊東巳代治による『東京日日新聞』、徳富蘇峰『国民新聞』や『東京朝日新聞』など時の政府に近いもの、政治家の女性問題のようなゴシップから政府・大企業批判、リベラルな主張までを載せる『萬朝報』『二六新報』。知識人から下層階級、政府支持から社会主義者まで、多様な読者に向けた無数で雑多な新聞が、大国との戦争へと向かう日本と世界をいかに語り、論争をしたか。膨大な史料を掘り起こし、新聞が大企業化する以前の、粗野で豊かだった時代を活写する、メディア史研究の試み! (講談社選書メチエ)

あなたも好きかもしれません

日露戦争と新聞 「世界の中の日本」をどう論じたか (講談社選書メチエ) by 片山慶隆 ダウンロード PDF EPUB F2