最後に編集されたのは 管理者
04.02.2021 | 歴史

皇位継承のあり方 “女性・母系天皇”は可能か (PHP新書)

  • 31 読みたい
  • 57 現在読んでいるもの

発行元 高橋紘 .

    Download 皇位継承のあり方 “女性・母系天皇”は可能か (PHP新書) 本 Epub や Pdf 無料, 皇位継承のあり方 “女性・母系天皇”は可能か (PHP新書), オンラインで書籍をダウンロードする 皇位継承のあり方 “女性・母系天皇”は可能か (PHP新書) 無料で, 本の無料読書 皇位継承のあり方 “女性・母系天皇”は可能か (PHP新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 皇位継承のあり方 “女性・母系天皇”は可能か (PHP新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  所功
    • レーベル:  PHP新書
    • 発売日:  2014年08月15日
    • 出版社:  PHP研究所
    • 商品番号:  4430000000574
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    「皇室典範」を改正して“女性・女系天皇”も容認すべきか否か。一部では、“男系男子”こそ万世一系の原理だという主張がなされている。しかし著者は、小泉首相の私的諮問機関である「有識者会議」の答申を大筋で評価しながら、皇統の安定的な永続には、さらなる工夫や方策が必要だと説く。すなわち、女帝もその子孫=母系による継承も認めたうえで、順位は兄弟姉妹があれば男子優先が望ましい、という。しかし、「女系容認論」は天皇制の否定になるのではないのか? 著者は最近数年の「女性天皇論議」を丹念に追いながら、「女系」が必ずしも天皇制の否定にはつながらない論拠を示す。そして、いま論ずべきことは、皇室の繁栄をいかに持続するかにある。そのためには、女性宮家の創立、皇族養子の復活、さらに天皇・皇太子の過密な御公務の見直しなどの具体案を提唱している。確実な史料と先学の研究を活用し、歴史家の視点から真摯に問う新しい皇室論である。

あなたも好きかもしれません

皇位継承のあり方 “女性・母系天皇”は可能か (PHP新書) by 高橋紘 ダウンロード PDF EPUB F2