最後に編集されたのは 管理者
14.11.2020 | 歴史

かばん屋の相続

  • 31 読みたい
  • 6 現在読んでいるもの

発行元 池井戸潤 .

    Download かばん屋の相続 本 Epub や Pdf 無料, かばん屋の相続, オンラインで書籍をダウンロードする かばん屋の相続 無料で, 本の無料読書 かばん屋の相続オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 かばん屋の相続 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  池井戸 潤
    • レーベル:  文春文庫
    • 発売日:  2014年08月01日
    • 出版社:  文藝春秋
    • 商品番号:  4390000001943
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    働く男たちの愛憎、葛藤を描いた文春文庫オリジナル短編集。池上信用金庫に勤める小倉太郎。その取引先「松田かばん」の社長が急逝した。残された二人の兄弟。会社を手伝っていた次男に生前、「相続を放棄しろ」と語り、遺言には会社の株全てを大手銀行に勤めていた長男に譲ると書かれていた。乗り込んできた長男と対峙する小倉太郎。父の想いはどこに? 表題作他、五編収録。

あなたも好きかもしれません

かばん屋の相続 (文春文庫) by 池井戸潤 ダウンロード PDF EPUB F2

池井戸潤さんの作品が大好きでいろいろ読んでいます。今回の「かばん屋の相続」は銀行を舞台にした短編集でした。サラリーマンを経験した人は共鳴する部分がたくさんあるのではと思います。
タイトルになった「かばん屋の相続」これは最高でした!!してやったりといった感じ。やっぱり、池井戸作品は読む人を魅了しますね。
短編です。企業側、銀行側とそれぞれいろんな言い分が有ります。いろいろな人間模様が見えて面白い。
池井戸潤さんらしい短編小説が色々楽しめました。