最後に編集されたのは 管理者
23.11.2020 | 歴史

孫と私のケッタイな年賀状 (文春文庫)

  • 16 読みたい
  • 29 現在読んでいるもの

発行元 浅田次郎 .

    Download 孫と私のケッタイな年賀状 (文春文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 孫と私のケッタイな年賀状 (文春文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 孫と私のケッタイな年賀状 (文春文庫) 無料で, 本の無料読書 孫と私のケッタイな年賀状 (文春文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 孫と私のケッタイな年賀状 (文春文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  佐藤愛子
    • レーベル:  文春文庫
    • 発売日:  2019年01月04日
    • 出版社:  文藝春秋
    • 商品番号:  4390000004827
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    親しい知人だけに送った“伝説の年賀状”全記録。


    真面目くさった挨拶を年賀状に書くのは億劫だ。文言代わりに私らしい写真を送れば楽でいいーーそう思った結果、書くよりも何倍もメンドくさいことに! 孫・桃子相手の扮装写真は、その成長と共にトトロ、幼稚園児、コギャル、泥棒、生首となぜか過激になるばかり。やがて反抗期を迎えた孫の運命は……。


    解説・阿川佐和子氏「佐藤家の孫に生まれたかった!」


    汗と涙の20年を振り返る、母娘三代の座談会付き。

    娘・響子 「桃子、この二十年間の記録を今、客観的に振り返ってみてどうなの?」

    孫・桃子 「これを客観的には見られないよ」

    娘・響子 「あんたトラウマになってるの? ひょっとして(笑)」

    孫・桃子 「これに関する記憶があんまりない(笑)」

    祖母・愛子「だから、いま見てどう思うのよ!」

    (本文「年賀状 鼎談講評」より)

あなたも好きかもしれません

孫と私のケッタイな年賀状 (文春文庫) by 浅田次郎 ダウンロード PDF EPUB F2