最後に編集されたのは 管理者
26.11.2020 | 歴史

大学なんか行っても意味はない?――教育反対の経済学

  • 85 読みたい
  • 8 現在読んでいるもの

発行元 トム・ニコルズ .

    Download 大学なんか行っても意味はない?――教育反対の経済学 本 Epub や Pdf 無料, 大学なんか行っても意味はない?――教育反対の経済学, オンラインで書籍をダウンロードする 大学なんか行っても意味はない?――教育反対の経済学 無料で, 本の無料読書 大学なんか行っても意味はない?――教育反対の経済学オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 大学なんか行っても意味はない?――教育反対の経済学 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  ブライアン・カプラン
    • 訳者:  月谷真紀
    • シリーズ名:  大学なんか行っても意味はない?ーー教育反対の経済学
    • 発売日:  2019年07月19日
    • 出版社:  みすず書房
    • 商品番号:  4916314360001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    人気ブロガー経済学者が、経済学の概念「シグナリング」をキーワードに、現在の教育システムが抱える問題点を実証データで分析する。なぜ学生は楽勝授業を探し、試験が終われば学んだことを平気で忘れてしまうのか? なぜ過去数十年で教育が普及したのに、平均的な労働者が良い仕事に就けず、学歴インフレが起きているのか? なぜ企業は、ほとんど使うあてのない学校教育を受けた労働者に給料を支払うのか? なぜ社会では、学校を卒業することが最大の協調性のシグナルになるのか?その答えのカギはすべて、「教育の最大の役割は学生のスキルを伸ばすことではなく、知力、協調性、仕事への姿勢についてのお墨付きを与えることにある」というシグナリングの考え方にある。本書が示す問題解決への道筋は、高等教育縮小と職業教育拡充だ。最新の社会科学による、教育への根源的かつ挑発的な問いかけ。

あなたも好きかもしれません

大学なんか行っても意味はない?ーー教育反対の経済学 by トム・ニコルズ ダウンロード PDF EPUB F2