最後に編集されたのは 管理者
22.11.2020 | 歴史

歴史の十字路に立って 戦後七十年の回顧

  • 45 読みたい
  • 95 現在読んでいるもの

発行元 石原慎太郎 .

    Download 歴史の十字路に立って 戦後七十年の回顧 本 Epub や Pdf 無料, 歴史の十字路に立って 戦後七十年の回顧, オンラインで書籍をダウンロードする 歴史の十字路に立って 戦後七十年の回顧 無料で, 本の無料読書 歴史の十字路に立って 戦後七十年の回顧オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 歴史の十字路に立って 戦後七十年の回顧 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  石原慎太郎
    • 発売日:  2015年07月03日
    • 出版社:  PHP研究所
    • 商品番号:  4430000005865
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    平成27年は大東亜戦争の敗戦から70年。サンフランシスコ条約発効後、日本は独立を回復したことになっているが、それは虚構ではなかったかーー。こう主張する石原慎太郎氏は、少年時代の戦争の記憶、日本人としての敗戦の屈辱感を原体験とし、以後の自身の人生を戦後日本社会と重ねながら伴走してきた。衝撃のデビュー作『太陽の季節』ではピュリティという青春の価値を大人たちに叩きつけた。また青年作家としてベトナム戦争を取材した際には「日本の亡国」という危機感を抱き、「祖国のイメイジ回復」を掲げて国政の場に飛び込んだ。爾来、石原氏は日本の政治風土の中で特異な存在として、直言、行動を続ける。東京都知事就任、そして再び国政に復帰して政界引退を表明するまで、圧倒的な存在感を発揮してきた。その石原氏に、戦後70年を迎えようとする日本はどのように映っているか。作家、政治家として時代と格闘してきた著者の書き下ろし自叙伝。

あなたも好きかもしれません

歴史の十字路に立って 戦後七十年の回顧 by 石原慎太郎 ダウンロード PDF EPUB F2

特に昨日から言いたいことが、あって8.9インチのウィンドウズタブレットが、昨日届いて
タブレットでもウィンドウズなら字が拡大できないんだが、5インチ、アンドロイドスマホより字が小さいのでがっかり
折角タブレット買ったので、ウインドウズタブレットでも、字が拡大できる今までサブにしてたebookjapanをメインにしたくなった、10冊以上KOBOで買いためてるのが、損に思える
ウィンドウズタブレットも拡大できるように、してください
アンドロイドよりもウインドウズが安く出てるんで、これからタブレットはウィンドウズがメインになると思うんで、アンドロイド使ってたのは、ウィンドウズと比べて安かったからだけだし