最後に編集されたのは 管理者
25.11.2020 | 歴史

婿殿開眼三 未熟なり (徳間文庫)

  • 54 読みたい
  • 67 現在読んでいるもの

発行元 牧秀彦 .

    Download 婿殿開眼三 未熟なり (徳間文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 婿殿開眼三 未熟なり (徳間文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 婿殿開眼三 未熟なり (徳間文庫) 無料で, 本の無料読書 婿殿開眼三 未熟なり (徳間文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 婿殿開眼三 未熟なり (徳間文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  牧秀彦
    • レーベル:  徳間文庫
    • シリーズ名:  婿殿開眼
    • 発売日:  2019年08月06日
    • 出版社:  徳間書店
    • 商品番号:  4916216800003
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    表の顔は勘定所勤め、

    裏の顔は影御用!


    夫婦仲が良好になり、

    苦手だった算盤(そろばん)の腕も上達。

    自信がなかった勘定所勤めにも

    張り合いが出る笠井半蔵だったが

    仕事が上達した真の理由は

    剣の技倆を見込まれ

    影御用を命じられていることにあった。


    南町奉行・矢部定謙の意を汲み

    事件解決にも勤しむ日々。

    そんな半蔵に南町奉行の失脚を狙う

    魔の手が迫っていた!


    好評の時代剣戟シリーズ第三弾。

    (『算盤侍影御用 婿殿修行』改題)


    【目次】

    第一章 謎の義士

    第二章 二足の草鞋

    第三章 欲深き男

    第四章 万年青(おもと)組

    第五章 報われぬ男

    第六章 未熟なり

あなたも好きかもしれません

婿殿開眼三 未熟なり (徳間文庫) by 牧秀彦 ダウンロード PDF EPUB F2