最後に編集されたのは 管理者
18.12.2020 | 歴史

ギター・マガジン 2021年2月号

  • 92 読みたい
  • 39 現在読んでいるもの

発行元 none .

    Download ギター・マガジン 2021年2月号 本 Epub や Pdf 無料, ギター・マガジン 2021年2月号, オンラインで書籍をダウンロードする ギター・マガジン 2021年2月号 無料で, 本の無料読書 ギター・マガジン 2021年2月号オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 ギター・マガジン 2021年2月号 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 編集:  ギター・マガジン編集部
    • 発売日:  2021年01月13日
    • 出版社:  リットーミュージック
    • 商品番号:  4690029330210
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    *著作権の都合により、印刷版に掲載されている「風をあつめて」はっぴいえんど、「嫌んなった」憂歌団の楽譜は電子版に収録されておりません。*この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。


    【特集】ジミー・ペイジ、かく語りき


    50年の時を遡った1971年、ロック史上最大級の傑作がこの世に誕生した。

    レッド・ツェッペリンが無題として発表した4枚目のアルバム、通称『Led Zeppelin 4』である。

    最も偉大なギタリストのひとり、ジミー・ペイジーーー。

    この男がツェッペリンとともに成し遂げた偉業は世界中で語り継がれてきた。

    しかしそれに対して、ペイジ自らが語った言葉は意外なほど少ない。

    当時の音楽メディアの批判的な姿勢もあり、彼は大のマスコミ嫌いとして知られ、特にツェッペリン全盛期はほとんどのインタビューを受け付けていなかったのだ。

    そこで今回、本誌では年代が異なる3本のインタビュー、約45,000字を取り揃えた。

    最新の2020年、ファームとして活動した1986年、そして貴重なツェッペリン現役時代の1977年だ。

    どんな考察よりも重みを持って真実を伝える本人の言葉に耳を傾け、ジミー・ペイジとレッド・ツェッペリンの揺るぎない魅力に迫っていこうではないか。


    ■ジミー・ペイジ、かく写りき THE PORTRAITS OF JIMMY PAGE

    特集のスタートは写真集から。題してジミー・ペイジ、かく写りき。情熱的かつ妖艶。ペイジの筆舌に尽くしがたい魅力を、これを機にジックリと味わってもらいたい。ギターはもちろん、彼がこだわり抜いた衣装にも注目だ。また、掲載写真の機材は、世界的なジミー・ペイジ求道者、ジミー桜井が徹底解説。そちらも合わせてご覧あれ。


    ■世界で一番ペイジになろうとした男、ジミー桜井の写真案内。

    前頁までの写真集『ジミー・ペイジ、かく写りき』、いかがだっただろうか? 実のところ当初、世界屈指のジミー・ペイジ道の追求者、ジミー桜井に機材解説の協力を仰いだのだが、話が大いに盛り上がり......なんと取材は4時間越えに! これはもうひとつ記事を作ってしまおう、という流れになった次第。と言うことで、解説を再スタート! 美術館の音声ガイド的な感覚で読んでみてはいかが?


    ■INTERVIEW 1:2020年のロンドンから、胸いっぱいのギター愛を。

    ジミー・ペイジ、かく語りきの第1弾は2020年、ロンドンの自宅で行なわれた最新のインタビューからお届けする。現在進行形の世界的パンデミックを始めとする数多の荒波を乗り越え、レッド・ツェッペリンの結成から50年以上の月日が流れた現在においてもまったく揺るぎないツェッペリンの栄光とペイジのギター愛。その源流はどこにあるのか、ペイジの言葉から探っていこう。


    ■INTERVIEW 2:ファーム期の言葉に垣間見るペイジのギター観。

    続いて1986年、ポール・ロジャースとのバンドであるファームの活動期に行なわれたインタビューへ移ろう。ジェフ・ベック、エリック・クラプトンと共演した伝説的なARMSコンサート、そしてツェッペリンの3人が再び集ったライヴ・エイドといった自身の活動はもちろん、当時ギター界に旋風を巻き起こしていたエディ・ヴァン・ヘイレンや、最先端のテクノロジーとして注目されたギター・シンセサイザーまで、80年代ならではのトピックについてたっぷりと語られた内容だ。


    ■INTERVIEW 3:ヤードバーズ時代から『プレゼンス』までを語る。

    インタビュー大特集ジミー・ペイジ、かく語りきの最後は、本誌1994年1月号と2007年12月号&08年1月号にも掲載した、77年のインタビューで締めよう。時は『プレゼンス』リリース後。なのだが、腕を磨き続けたセッションマン時代、ジェフ・ベックと火花散る攻防をくり広げたヤードバーズ期から詳細に語る充実の内容。そして話は続き、1stアルバムから『プレゼンス』までの各作品における、壮大なサウンド実験に話はおよぶのだ。当時、彼がいかに先進的な音楽を作ろうとしていたのか? バンド壮年期におけるジミー・ペイジの哲学が、再びここに蘇る!


    ■ジミー・ペイジのアコースティック・サイド

    ペイジとは稀代のリフ・メイカーであり、エレキ・ギターを弾かせれば敵なしのスーパー・ロック・ギタリストであるのは周知のとおり。だが、それだけでこの偉大な男を語るのはちょっと浅はかだ。なぜなら、彼はアコースティック・ギターの名手でもあるから。レッド・ツェッペリンの作品を聴けば、あるいはライブ・ステージのアコースティック・セットを観ればおわかりのように、彼はアコースティックな表現にも深い情熱を傾けていた。複数のチューニングを駆使し、実に多彩な景色を見せる独特のセンスは、エレキ・サイドと同等に語られるべきだと思う。そこでここからは、アコースティック・ギター名手としてペイジを見つめていきたい。


    ■THE INSTRUMENTS

    10万円以下/20万円以下で選ぶ!

    エレキ弾きも今欲しい、このアコギ15本!


    自宅での時間が増え、おうち時間やステイ・ホームなんて言葉が流行した2020年。読者のみなさんも、家でギターを弾くことが多くなったことでしょう。でも、家でアンプを爆音で鳴らすのは難しいし、生音でエレキを弾いてもなんだかなぁ......なんて思う人も少なくないはず。そんな人は、ぜひアコースティック・ギターを1本買ってみてはいかがですか? 実際にアコギ需要は増えているようで、楽器店ではいつもよりはるかに売れているんだとか。そこで、今回本誌では1~2本目にアコギを買うエレキ・ギタリストをターゲットに、5~20万円の価格帯でオススメのモデル15本をチョイス。エレキ/アコギ両刀使いの名手であるNAOKI(LOVE PSYCHEDELICO)とReiの両人を招き、各モデルの印象を語ってもらいました。バイヤーズ・ガイドの一助となれば幸いです!


    ■INTERVIEW

    ・コリー・ウォン

    ・SUGIZO


    ■INTERVIEW & GEAR

    加藤綾太×山本幹宗


    ■PICKUP

    ・俺のボス/山本幹宗

    ・下北発のエフェクター・ブランド、Kitazawa Effector

    ・究極のマルチ・エフェクターZOOM G11見参!

    ・チェイス・ブリス・オーディオ


    ■連載

    ・トシ矢嶋のLONDON RHAPSODY

    ・40枚の偉大な◯◯◯名盤 第2回:昭和歌謡

    ・Opening Act/塩塚モエカ(羊文学)

    ・ジャキーン!~『SHIORI EXPERIENCE ジミなわたしとヘンなおじさん』番外編

    ・横山健の続・Sweet Little Blues

    ・9mm滝のまたやっちゃいました~世界の滝工房から


    ■NEW PRODUCTS REVIEW

    FENDER/TASH SULTANA STRATOCASTER

    GRETSCH/G6136T-BSP FSR PLAYERS EDITION FALCON

    VOX/BOBCAT S66 WITH BIGSBY

    RUOKANGAS GUITAR/AEON DELUXE

    CALJA/CJT-50

    LANEY/MINISTACK-B-IRON

あなたも好きかもしれません

ギター・マガジン 2021年2月号 by none ダウンロード PDF EPUB F2