最後に編集されたのは 管理者
28.12.2020 | 歴史

一級建築士が教える 買ってはいけない収益物件の見分け方

  • 94 読みたい
  • 58 現在読んでいるもの

発行元 大谷義武 .

    Download 一級建築士が教える 買ってはいけない収益物件の見分け方 本 Epub や Pdf 無料, 一級建築士が教える 買ってはいけない収益物件の見分け方, オンラインで書籍をダウンロードする 一級建築士が教える 買ってはいけない収益物件の見分け方 無料で, 本の無料読書 一級建築士が教える 買ってはいけない収益物件の見分け方オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 一級建築士が教える 買ってはいけない収益物件の見分け方 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  大谷義武, 小林孝弘
    • シリーズ名:  一級建築士が教える 買ってはいけない収益物件の見分け方
    • 発売日:  2021年01月29日
    • 出版社:  幻冬舎メディアコンサルティング
    • 商品番号:  4910000141604
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    シロアリが発生している、建物が傾いている、雨漏りがする……

    一見気づかない地雷物件はうっかり買ってしまったら最後

    不動産会社も知らない「建築的知識」を学び、稼げる物件を見極めよう


    不動産投資ブームで不動産投資人口が急増する一方、投資に失敗する人も激増しました。

    「強引な営業や不正融資によって、割高で低収益の物件を購入してしまった」

    「高額なリフォーム費用がかかり思い描いた収益が得られない」

    そんな投資家が非常に多いのです。

    こうした問題は、物件選定に対する知識が抜け落ちているために起こるものです。

    物件を取得するにあたっては、

    「不動産的調査」(立地判断や土地の値段などの調査)と「建築的調査」(建物の傾きやシロアリの被害など、建築に関する70以上の検査項目の調査)の2つの調査が必要です。

    この「建築的調査」は一級建築士が行うもので、個人投資家には難しいものです。

    「どのようか観点で調査を行うべきなのか」

    「どんな物件は買ってはいけないのか」

    「どんな物件であれば修繕を行うことができるのか」

    「修繕コストがいくらくらいかかるのか」

    本書は、収益物件の建物にフォーカスし、買ってはいけない物件の見極め方を一級建築士が丁寧に解説します。

あなたも好きかもしれません

一級建築士が教える 買ってはいけない収益物件の見分け方 by 大谷義武 ダウンロード PDF EPUB F2