最後に編集されたのは 管理者
22.11.2020 | 歴史

つくられる病 ――過剰医療社会と「正常病」 (ちくま新書)

  • 25 読みたい
  • 80 現在読んでいるもの

発行元 松山洋平 .

    Download つくられる病 ――過剰医療社会と「正常病」 (ちくま新書) 本 Epub や Pdf 無料, つくられる病 ――過剰医療社会と「正常病」 (ちくま新書), オンラインで書籍をダウンロードする つくられる病 ――過剰医療社会と「正常病」 (ちくま新書) 無料で, 本の無料読書 つくられる病 ――過剰医療社会と「正常病」 (ちくま新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 つくられる病 ――過剰医療社会と「正常病」 (ちくま新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  井上芳保
    • レーベル:  ちくま新書
    • 発売日:  2014年09月24日
    • 出版社:  筑摩書房
    • 商品番号:  5591206579930
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    些細なからだの不調が「病気」と診断され、やがて本当に病気になってしまうーーこのような理不尽な事態は、なぜ起きるのか。それは、人々が「正常であらねばならない」と強迫的に思い込む「正常病」にかかっているからだ。過剰な医療が甚大な被害をもたらした子宮頚がんワクチン、恣意的な診断や投薬が症状を悪化させる精神科医療など、さまざまな分野で、いかに病がつくり出されているかを検証。そしてその背景にある近代の管理思想、現代の社会システムの病理を問い直す。

あなたも好きかもしれません

つくられる病 ーー過剰医療社会と「正常病」 (ちくま新書) by 松山洋平 ダウンロード PDF EPUB F2