最後に編集されたのは 管理者
01.12.2020 | 歴史

角川インターネット講座4 ネットが生んだ文化 誰もが表現者の時代 (角川学芸出版全集)

  • 56 読みたい
  • 82 現在読んでいるもの

発行元 近藤 淳也 .

    Download 角川インターネット講座4 ネットが生んだ文化 誰もが表現者の時代 (角川学芸出版全集) 本 Epub や Pdf 無料, 角川インターネット講座4 ネットが生んだ文化 誰もが表現者の時代 (角川学芸出版全集), オンラインで書籍をダウンロードする 角川インターネット講座4 ネットが生んだ文化 誰もが表現者の時代 (角川学芸出版全集) 無料で, 本の無料読書 角川インターネット講座4 ネットが生んだ文化 誰もが表現者の時代 (角川学芸出版全集)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 角川インターネット講座4 ネットが生んだ文化 誰もが表現者の時代 (角川学芸出版全集) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  川上 量生
    • レーベル:  角川学芸出版全集
    • シリーズ名:  角川インターネット講座
    • 発売日:  2014年10月25日
    • 出版社:  KADOKAWA
    • 商品番号:  4334270600300
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    インターネット時代の新たなカルチャーとは。非リア、炎上、嫌儲、コピーの4つのキーワードでネットの精神風土を解説。日本最大のネットメディア「ニコニコ動画」の川上量生が語るネットカルチャーの本質。※本文に記載されている「購入者特典」には期間が限定されているものがあります。あらかじめご了承ください。■執筆者情報《第一部 日本のネット文化と精神風土》序章 ネットがつくった文化圏 川上量生(株式会社KADOKAWA・DWANGO代表取締役会長、角川アスキー総合研究所主席研究員)監修者・代表監修者第1章 日本のネットカルチャー史 ばるぼら(ネットワーカー、古雑誌蒐集家、周辺文化研究家)第2章 ネットの原論空間形成 佐々木俊尚(作家・ジャーナリスト)《第二部 ネット文化を支配する原理》第3章 リア充対非リアの不毛の戦い 小野ほりでい(ライター)第4章 炎上の構造 荻上チキ(評論家)第5章 祭りと血祭り 炎上の社会学 伊藤昌亮(愛知淑徳大学メディアプロデュース学部准教授)第6章 日本文化にみるコピペのルール 山田奨治(国際日本文化研究センター教授)第7章 リア充/非リアの構造 仲正昌樹(金沢大学法学類教授)

あなたも好きかもしれません

角川インターネット講座4 ネットが生んだ文化 誰もが表現者の時代 (角川学芸出版全集) by 近藤 淳也 ダウンロード PDF EPUB F2