最後に編集されたのは 管理者
19.11.2020 | 歴史

院内刑事 フェイク・レセプト (講談社文庫)

  • 26 読みたい
  • 47 現在読んでいるもの

発行元 濱嘉之 .

    Download 院内刑事 フェイク・レセプト (講談社文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 院内刑事 フェイク・レセプト (講談社文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 院内刑事 フェイク・レセプト (講談社文庫) 無料で, 本の無料読書 院内刑事 フェイク・レセプト (講談社文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 院内刑事 フェイク・レセプト (講談社文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  濱嘉之
    • レーベル:  講談社文庫
    • シリーズ名:  院内刑事
    • 発売日:  2020年02月14日
    • 出版社:  講談社
    • 商品番号:  4310000066890
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    <公安警察OBが大病院を守る人気シリーズの第三弾>


    著者自身が元公安で、現在は危機管理コンサルタントも務めているからこそ書けるリアルな描写は必読!


    女性初の総理候補の出産、引きこもり青年の入院、チンピラの医療費未払いーー大病院の危機管理を一手に担う公安警察OB・廣瀬知剛の元に、県警から新しい仲間が加わり、チーム院内交番が本格始動。

    レセプト(医療報酬明細書)のビッグデータから、極左とヤクザが絡む大がかりな不正をあぶり出す!

あなたも好きかもしれません

院内刑事 フェイク・レセプト (講談社文庫) by 濱嘉之 ダウンロード PDF EPUB F2

院内刑事シリーズ第3弾!今回は「フェイク・レセプト」
第3弾は会話がメインです。時々、どっちが言ったのかわからなくなりそうで少々、読みづらかった。
主人公の廣瀬氏。なかなか味があるので次作「ザ・パンデミック」にも期待!