最後に編集されたのは 管理者
17.11.2020 | 歴史

パラリンピックと日本 知られざる60年史 (集英社学芸単行本)

  • 70 読みたい
  • 59 現在読んでいるもの

発行元 山際康之 .

    Download パラリンピックと日本 知られざる60年史 (集英社学芸単行本) 本 Epub や Pdf 無料, パラリンピックと日本 知られざる60年史 (集英社学芸単行本), オンラインで書籍をダウンロードする パラリンピックと日本 知られざる60年史 (集英社学芸単行本) 無料で, 本の無料読書 パラリンピックと日本 知られざる60年史 (集英社学芸単行本)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 パラリンピックと日本 知られざる60年史 (集英社学芸単行本) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  田中圭太郎
    • レーベル:  集英社学芸単行本
    • シリーズ名:  パラリンピックと日本 知られざる60年史
    • 発売日:  2020年07月31日
    • 出版社:  集英社
    • 商品番号:  4820000100454
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    パラリンピックがいつどこで始まったか、知る人は少ない。そして、パラリンピックの発展に、日本という国が深く関わっていることも、ほとんどの日本人は知らない。「パラリンピック」の名を冠した初めての国際スポーツ大会は、1964年の東京パラリンピックである。イギリスの医師ルードウィッヒ・グットマンがロンドン郊外のストーク・マンデビル村の病院で始めた障害者スポーツ大会を始まりとして、この病院で研修した医師中村裕を中心とした人々の尽力により東京大会が実現したのが、現在に至るパラリンピックの源流である。その源流は、日本の障害者福祉や医療に一大変革をもたらし、アジア・南太平洋地域の国々にも障害者スポーツを普及させる役割を担った。そしてリハビリスポーツからアスリートスポーツへと競技が進化していく過程でも、多くの人々の活躍と苦闘があった。また、パラリンピックと障害者スポーツの支援には、皇室メンバーも深く関わっていたのだ。障害者、医師、官僚、教師、そして皇室の人びと。パラリンピック60年の歴史を紐解きながら、それに関わった多くの人々の知られざるドラマを描く、障害者スポーツ史の決定版である。

あなたも好きかもしれません

パラリンピックと日本 知られざる60年史 (集英社学芸単行本) by 山際康之 ダウンロード PDF EPUB F2